スクウェア・エニックスからのプレゼントか?

スマートフォンのゲームユーザーの皆さんこんにちは!今年はスマホゲーが大豊作でどんなゲームで遊んでいいか迷うし、時間がいくらあっても足りない事態に陥ってしまっている中、申し訳ないんですが、更に嬉しい誤算が発生することを先にお伝えして置かなければなりません。

なんと、ファイナルファンタジーシリーズの新作である「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」のサービス開始が決定しましたよ。今はまだ先行登録キャンペーンが終わったばかりなので、本格的なスタートはこれからなんですが、魔導アーマーのティアを手に入れた人はおめでとうございます。魔導アーマーのティナを手に入れられなかった人は、残念ですが、課金で手に入れることを祈りに祈りましょう。

このタイトルを見てもあまりピンとこないかもしれませんが、旧世代機の爆発的ヒットを記録したFFシリーズが蘇ってきたと思って頂ければしっくりくるかもしれませんね。旧世代機といっても、ひとつやふたつ前のものではなく、それこそもうレトロというかクラシックス級の古いゲームのことです。

私が思うに、グラフィックスがきれいになりすぎて良かった面と悪い面ってあると思うんですよ。良かった面は表現力が上がったことで圧倒的なリアルさながらの高精細感のある映像表現が可能になったことですよね?それによってさまざまなギミックもより魅力を増してきたのも確かなことです。ただし、失われたことも大きいですよ。人は想像する生き物ですから、チープなグラフィックスからは想像力を張り巡らせて楽しむことを意識するしないに関わらず、プレイヤーは行ってきたのです。それがグラフィックスの進化とともに失われてしまい、楽しさのひとつを奪っていいったということです。

その想像力を換気させるグラフィックスの水準はまさにファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスくらいのレベルなので、今からワクワクして胸の高鳴りを抑えられないです。

戦士達を強化してはクリスタルをテーマに戦いに出るゲーム

期間限定で限定アイテムとセールをゲットできる3タイトル合同 魔導キャンペーンを行っているファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスです。事前登録30万登録突破をすれば、必ずこのアイテムが貰えるのが嬉しいキャンペーンです。とっても素敵な魔導アーマーに乗ったティナが貰えるのですから、かなり貴重です。

そのプレゼントは、スフィア「アルテマウェポン」が貰えます。又、ファイナルファンタージーVIが50%オフで買うことができるセールにも参加できます。

そんなファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスでは、かなり迫力あるモンスターが出てきます。個性的な怪獣のようなモンスターが出てきては、戦士達を襲います。そこを勇敢なる戦士が素早く切っては戦うわけです。その戦う時には、キラキラと輝く星のような光線が出てくるのですが、それがとても美しく、鮮やかです。

仲間達とタッグを組み、迫力ある戦いの旅へと出るのもロマンティックなゲームでもあります。砂漠やジャングル、お城など、実に様々な場所へと移動しては旅をするのも面白いところです。

色々な町に行きますが、その町で人に出会ったら、まずは会話をするのがポイントです。その会話の中にはヒントが隠されていて、次の道に行く道しるべのようなものも見れるのが良いところです。昼になったり、夜になったりする光景も楽しく、ますますこのゲームの世界にハマるところです。

又、鍛冶やアピリティ、調合などをしては、より強く戦士達を強化できるのも魅力的なところです。ショップでよりレベルの高い武器を買ったりするのも楽しいものですし、アイテムを揃えてはより楽しく戦いに挑むのも良いものです。

フレンドをつくったり、ユニットを組んだりと、実に様々な楽しみ方のできるところも魅力的です。

1つのクリスタルをテーマに、ラピスが滅亡する前に勇敢なる2人の騎士が戦うストーリーが面白い、ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスです。

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスの事前登録開始!!

「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」の事前登録がついに開始されました。
ファイナルファンタジー というと幼少期プレイステーションなどの家庭用ゲーム機に触れて育った人なら
その名前を知らない人はいないと言えるぐらい有名なゲームのシリーズで、過去には映画化されたことまであります。

これまでプレイステーションで新作が発売されていく一方過去作のリメイクが携帯ゲーム機や
スマートフォンなど各機種にて行われているので、何らかの機器でその作品に触れた事がある人は
多いと思いますが、このたびなんとスマートフォンゲームとして完全新作のファイナルファンタジーが
は配信される事になり先日事前登録が開始されたという訳です。

このゲームを製作しているのはスマートフォンのゲームでは「ブレイブホールド」で有名なエイリムという
会社で、シナリオにはカルト的な人気を誇る「428 ~封鎖された渋谷で~」という作品の
シナリオを手がけた北島行徳氏など現代の日本ゲーム界において実績を確実に積み上げている
実力派スタッフが集結しています。

現在は事前登録とあわせたキャンペーンも行われていて、事前登録者数が30万人という大台を超えることができれば
「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」、「ブレイブ フロンティア」
「ファイナルファンタジーVI」の三タイトルの中で、各種限定アイテムが配布されるということで
それらを欲しいと思うような人が大勢事前登録を行っています。
他タイトルはもちろんのこと、「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」は
これから配信されるタイトルですので、事前登録を行うことでアイテムを獲得する事が出来れば
他のプレイヤーとスタートダッシュにおいて大きな差をつけることが可能となっているのが
事前登録を行っている人の大勢を占める動機のようです。
これを読んで始めてみたいと思った人は、是非この機会を逃さず事前登録を行っておいて
他のユーザーと差をつけましょう。

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスで冒険だ。

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスでまた冒険の世界へ行けますね。練り込まれがシナリオと迫力あるアクション、美しいムービーがあるこのファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスで冒険の世界に入り、時間を忘れてプレイしてしまいそうですね。多くのイベント盛りだくさんで感動などあり思い出に残るようなイベントがたくさんありそうです。またキャラクターも個性ある人たちで仲間も一癖もある人物みたいですね。でも何と言ってもファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスは、やはりジョブですかね、経験を積んで装備や魔法など覚えていくのが定番ですがこのシステムは引き継がれているのでしょうか。またファイナルファンタジー と言えばクリスタルです。このクリスタルはどのシリーズでも出てきますし、同じみのあの曲が流れてくるのではないでしょうか、このクリスタルの曲はとてもいい曲で流れると必ずこのゲームだと分かりますね。それに何と言ってもやはりボスですね、強いボスは定番です。魔法や攻撃などやはりボスらしくどんどんつかわれてこちらはやられていくのは困りますが、ボスは強くなくてはいけませんね。ボスの怒涛の攻撃こそ華です。また魔法が登場しますが一番大事な魔法は回復魔法ですね、攻撃や補助などある魔法も盛りだくさんですがやはり戦闘には欠かせない、回復魔法こそ一番の攻撃魔法です。地味ながらしかも一番大事ですので攻撃魔法を使うくらいなら回復魔法を使うべきですね、特にボスなどと戦うとヒットポイントはどんどん減っていきます、必ず回復魔法を使えるキャラクターを選びそして仲間みんなに回復魔法を使える人を入れておかないと何度も全滅してしまうからです、あとは蘇生が使える魔法も必要ですね、ボスの攻撃で一人や二人は倒れてしまうからですね、そうすると全滅にもなりかねませんので蘇生の魔法も必要ですね。回復魔法と蘇生魔法があればとりあえず生き延びることが出来ますのでお忘れなく。

FF最新作がスマホで出るって知ってますか?

今度ファイナルファンタジーの新作がスマートフォンで出ると聞いて今から待ち遠しくて仕方のない自分です。開発さんは、ブレイブフロンティアを手がけたエイリムさんということで、そこそこ期待できる出来になるのは間違いないでしょう。正式名称は、FFの名を冠したファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスで決まっているらしく、FFシリーズの名に恥じないように開発も気合入れて作ってくれていると思います。スマートフォンのFFというと、勝手なイメージですが過去の作品のリメイク作品だとか、過去作に登場したキャラクターを活用したゲームが多くある感じです。一時期出てきたタワーディフェンス型のFFも職業だけ登場させていましたよね。今回もそうなのかなと思ったら、完全に新キャラだけで構成された新しいストーリーみたいなので、こりゃ完全新作だと思わず手を叩きました。先ほどちょうどゲーム関係の紹介サイトで動画付の紹介動画があったので、今のうちに妄想を膨らませておこうと拝見させて貰いました。何でしょうね、先行のファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアストレーラーを観た感じ、途中でチョコボイーターという地中に埋まっている謎のアルマジロみたいな敵にt愛して、戦車砲のようなもので囲んで次々と砲弾を撃ち込んでいるんです。パーティーに戦車砲を組み込むわけでもないし、これはスキルか必殺技か召喚の類だと思ってます。機械による武装で敵キャラを攻撃ってロマンがありますよね。ファイナルファンタジーシリーズだと、機械といえばFF5の魔列車やFF6の魔道兵器、FF7のウェポン系でしょうか。シドによる機械系の登場もあって、いったいどんなロマン武器がファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスに出てきてくれるのか、今から一人のユーザーとしてワクワクしてきてしまいます。リリース予定の次期は2015年の秋ごろに決定していますので、この記事を書いている間にはすでに皆さんプレイしているかもしれません。もしまだならば今のうちに情報を集めて、ツイッターなどで話題に花を咲かせて一緒に盛り上がりたいものです。

人気の少女漫画のスマートフォンゲーム

漫画の中には男女関わらず認知されているものがあります。漫画は日本の文化の一つだと言われており、有名作品が存在しているのは当然です。しかしその多くは少年漫画だと言われています。迫力のあるバトルシーンや魅力的な登場人物の熱い想いが、読者の共感を得やすいからです。だから少女漫画の中から誰でも知っている作品が登場したのは、業界全体が衝撃を受けたと言われています。具体的には1990年代から放映されたアニメで知られるようになったセーラームーンシリーズです。美少女戦士が悪者と戦うというストーリーですが、少年漫画には無い繊細な心理描写が含まれます。少年漫画とは全く異なる味わいを備えているため、セーラームーンシリーズは読者対象外の少年をも魅了したのです。セーラームーンシリーズは何年にも渡って放映され大団円で終了する事になりました。しかし最近では昔の漫画作品が復刻されるケースが存在しており、それに乗じてコラボレーションが盛んに行われています。最も有名な少女漫画であるセーラームーンも、コラボレーションが開始されたのは必然でした。2014年になった段階で新作のアニメーションが開始され、スマートフォンのゲームであるセーラームーンドロップスが配信されたのです。セーラームーンドロップスはパズルアクションゲームと呼ばれるジャンルで、スーパーファミコンのソフトとして過去に発売された対戦格闘ゲームとは全く違います。複雑な操作が必要な対戦格闘ゲームは、スマートフォンの操作性では楽しむ事が難しいからです。セーラームーンドロップスは簡単な操作で爽快感を得られるため、操作に不慣れな初心者でも攻略しているという実感を得られます。そして原作に登場した魅力的な登場人物も多数登場するため、原作ファンが楽しめる事も可能です。漫画が連載開始された頃から二十年以上経過しているため、当時の読者は経済力のある人物に育っています。それがセーラームーンドロップスの課金要素が成功している理由です。

はまってしまった競馬ゲームについて

スマートフォンのゲームはもともとつかっていませんでした。やりだすときりがなくなるのとデータ通信料を節約するにあたってスマホゲームの利用は非常にナンセンスだからと考えていたからです。ところがある競馬育成シミュレーションゲームの広告を見たとたんその考えが変わってしまいました。もともと、家庭用据え置きゲーム機でも競馬育成シミュレーションゲームだけはこってやっていたものですから。さらに大の競馬好きでこうした競馬育成シミュレーションゲームで自分自身が場主やジョッキーになった気分でリアルに近い形でゲームを進めていくことがかなり大好きだったわけです。さらにこうしたゲームに取り組んでいる期間は比較的実際の競馬の投資も控えることができ、お財布にも優しいという過去を持っていましたから。
そして、実際にアプリをダウンロードして利用してみました。とにかくそのビジュアルのリアルさにびっくりでした。調教の様子やレース映像、競走馬のグラフィック、どれをとっても秀逸です。さらに1年のレースの流れは実際の競馬と同じわけです。最初は有料のツールなどがないとゲームを進められないのではないかと考えていましたが実際にはかなりのレベルに達するまで無料のレベルで何とかなってしまいます。また、データ通信に関してもできる限り自宅のWiFi環境で楽しむことにしました。もちろん、これさえ心がけていれば全く問題はありません。アプリをダウンロードして1年以上経ちましたが今でも定期的にこの競馬育成シミュレーションゲームを楽しんでいます。他にも本当にいろいろなゲームがありますが凝り性のわたしのとっては厳選して自分好みをダウンロードしないとスマホゲームに囚われる時間が増える一方で生活にも影響が出そうなのでかなり自粛している次第です。高校生、中学生の娘にもスマホゲームの時間制限を言いつけている手前、今以上の長時間プレイはさすがに控えたいと思います。

昔遊んだゲームをスマートフォンで楽しむ現在

今や誰も彼もがスマートフォンを持つようになりました。通勤電車の中では100パーセントに近い乗客がスマートフォンを手に通勤時間の退屈と苦痛を紛らわせています。その人たちの多くが、ゲームをしています。通勤のサラリーマンですから、当然、若い人たちばかりだけでなく、それなりに年配の人も多いです。40代50代、いえ60代近いオジサンたちが一心にスマホのゲームアプリで遊んでいる様子はそれなりに微笑ましいものです。

パズルゲームやRPGなどゲームにもいろいろ種類がありますが、近ごろ多く目にするのは、かつて人気のあったゲームのリバイバルです。古くは元祖ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン、プレイステーションなどで一世を風靡した旧作、懐かしい名作が現代のスマートフォンに蘇ったのです。これは若い人だけではなく当時、必死になってゲームで遊んだ覚えのある中年世代をターゲットにしているものと思われます。

初期の「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」に夢中になっていたかつての小中学生は、今や、日本を支える30代から50代の働き盛りです。昔は数千円と子供のお小遣いにしては高価だったゲームソフトが、廉価になり手のひらサイズになって戻ってきたのです。ゲーム文化を最初から支えてきた世代が、今、当時を懐かしみつつアプリを買い、通勤のかたわらにスマートフォンゲームで時間をつぶしている風景には、日本のゲームの歴史が凝縮されているといえるでしょう。

また、たった数年前に大流行したゲーム、たとえば「シュタインズゲート」なども今ではスマートフォンでプレイすることができます。テレビゲーム機は時代とともに進化し、変遷し、淘汰されてきましたが、現代ではスマートフォンの中に集約されているともいえます。もちろん最新の技術や高性能のハードを要するゲームは今のところは無理ですが、それも数年後にはスマートフォンの技術が追い付き、また手のひらサイズで楽しめるようになることでしょう。

スマホゲーもだいぶグラフィックスがキレイになってきた

スマートフォンのゲームアプリは本当の意味での暇つぶし程度にしか遊ぶしかないくらい、チープなものでしたが、ここ最近はすさまじい躍進を遂げているといっても過言じゃないため、本格的に遊ぶ人にも諸手を挙げておすすめできるようになってきましたね。

特にグラフィックスの向上が素晴らしいと太鼓判を押してあげたいくらいです。あれほどチープで良くいえばレトロゲーム、悪くいえば糞ゲー的な雰囲気があったのに、もはやスタイリッシュなアニメのようなきれいな映像美を誇る本格的なゲームアプリが増えてきている状態です。ただ、それがもう当たり前のようになってきているため、スマホゲーで遊んでいるユーザーにとっては、どれを選べばいいのか分かりにくいという嬉しい悲鳴を上げるような状態であるともいえるかもしれません。

これだけきれいなグラフィックスを堪能できるなら、もうプレステ4などの据え置き型のゲーム機は不要かもしれません。特に海外は大画面モニターでプレーするのが主流のため、無くなることはないかもしれませんが、日本においてはどちらかというとどこでもプレーできる柔軟性というか携帯性のほうを重要視されているため、家庭用ゲーム機は少しずつ隆盛を極めたあとは市場を縮小しつつある傾向にあるといえます。

家庭用ゲーム機のファンは悲しいかもしれませんが、その代わりにスマホでも素晴らしいゲームアプリがたくさんサービス開始している現状は悲観することもないかもしれませんよ。まだ遊んだことのない人は、一度スマートフォンでゲームしてみてください。コントローラーにはない独特の操作感が意外と癖になるかもしれないですし、別に頑なに据え置き機にこだわっている必要もなかった、もっと早くにスマートフォンのゲームで遊べば良かったと2ちゃんねるではないですが、手のひらを返したくなるかもしれませんよ。

柔軟な思考の人たちはどっちも楽しんでいるようで、その適応能力の高さが羨ましく感じちゃいますね。

病院の待ち時間にスマートフォンでゲーム

私は治りが悪いものもらいが頻繁にできるのでその度に大学病院の眼科に通院しています。
本来ならものもらいですと個人病院でも十分対処可能ですが、私は持病で内科に通院している関係でずっとこちらの病院でお世話になっています。
当然大学病院なので設備は万全です。優秀な医師も多く患者さんが非常に多いのもうなずけます。
難点としては患者さんが多いので待ち時間が非常に長いことです。
内科はどんなに長くても1時間くらいですが、眼科は最高で3時間待たされたことがあります。
そんな時はスマートフォンのゲームで時間を潰します。ものもらいと言っても軽い痛みと見栄えが悪い程度なのでゲームをやるのは問題ありません。
昔は病院内は携帯の使用が禁止されていましたが、現在は特定の場所以外では使用が認められているので安心して遊べます。
長い待ち時間にスマートフォンのゲームをやっている人は多いですね。
その他には本を読んでいる人や寝ている人もいます。寝てると呼ばれても気がつかないと思うんですが大丈夫なんですかね。
ゲームも熱中して呼ばれたのに気がつかずに、順番を飛ばされてしまい更に待ち時間が長くなるなんてことのないように注意しないといけませんけどね。
先日待合室で一緒になった患者さんと話す機会があったのですが、外来の待ち時間だけではなく入院中の患者さんの一番の暇つぶしがスマートフォンのゲームのようです。
テレビもありますが時間ごとにお金がかかるみたいなので無料で楽しめるスマートフォンで時間つぶしが主流のようです。
具合が悪い時は寝ていれば良いですが、退院が近くなり元気になってくると入院生活は退屈なのでしょう。
私は幸い入院経験はありませんがもしもの時はゲームをして過ごしますかね。
同年代や気が合う人が同部屋にいると有難いんですがこればかりは分かりませんからね。
しかし眼科に通院すると1日の半分が潰れてしまうので何とかならないものでしょうか。
看護師不足はよく耳にしますが医師も不足しているように感じます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ