病院の待ち時間にスマートフォンでゲーム

私は治りが悪いものもらいが頻繁にできるのでその度に大学病院の眼科に通院しています。
本来ならものもらいですと個人病院でも十分対処可能ですが、私は持病で内科に通院している関係でずっとこちらの病院でお世話になっています。
当然大学病院なので設備は万全です。優秀な医師も多く患者さんが非常に多いのもうなずけます。
難点としては患者さんが多いので待ち時間が非常に長いことです。
内科はどんなに長くても1時間くらいですが、眼科は最高で3時間待たされたことがあります。
そんな時はスマートフォンのゲームで時間を潰します。ものもらいと言っても軽い痛みと見栄えが悪い程度なのでゲームをやるのは問題ありません。
昔は病院内は携帯の使用が禁止されていましたが、現在は特定の場所以外では使用が認められているので安心して遊べます。
長い待ち時間にスマートフォンのゲームをやっている人は多いですね。
その他には本を読んでいる人や寝ている人もいます。寝てると呼ばれても気がつかないと思うんですが大丈夫なんですかね。
ゲームも熱中して呼ばれたのに気がつかずに、順番を飛ばされてしまい更に待ち時間が長くなるなんてことのないように注意しないといけませんけどね。
先日待合室で一緒になった患者さんと話す機会があったのですが、外来の待ち時間だけではなく入院中の患者さんの一番の暇つぶしがスマートフォンのゲームのようです。
テレビもありますが時間ごとにお金がかかるみたいなので無料で楽しめるスマートフォンで時間つぶしが主流のようです。
具合が悪い時は寝ていれば良いですが、退院が近くなり元気になってくると入院生活は退屈なのでしょう。
私は幸い入院経験はありませんがもしもの時はゲームをして過ごしますかね。
同年代や気が合う人が同部屋にいると有難いんですがこればかりは分かりませんからね。
しかし眼科に通院すると1日の半分が潰れてしまうので何とかならないものでしょうか。
看護師不足はよく耳にしますが医師も不足しているように感じます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ